ののこ はろ~~。
あき はりはろ~。
山形トーク はじめるよ~。
ののこ はいよ~。
幸子 は~い!
何から話そうか?
あき 洗礼??
ののこ それぞれ印象に残ったこととか…洗礼いいね!
幸子 山形の町並みに一番こころ奪われたかな~。そうだね、洗礼から!!
山形に入って月山という山に差し掛かった時、洗礼を受けた。雪という形で。
あき もう びっくりだったよね!
幸子 うん。
ののこ 車で6時間かけて行ってね、、
幸子 全然余裕でしたね。運転。
ののこ 余裕だったね!月山(がっさん)という山を超えると、目的地、庄内なんだよね。その月山で吹雪!!4月の終わりなのに。
幸子 うん。
吹雪いてた。
あき 正に トンネルの向こうは… の世界だった。
幸子 うん。感慨深かった。
ののこ 月山にはツクヨミノミコトという神様がいるって聞いたね!
幸子 うん。
あき そうそう、月の神様だっけ?
幸子 月の神様。
ののこ 三重の伊勢神宮にいる天照大御神 (あまてらすおおみかみ)が、表の神様で太陽なら、ツクヨミノミコトは裏の神様だってね。
幸子 しょっぱなから、季節的な洗礼を受けた気がした。
あき 私、月の神様知らなかった。
幸子 北国の冬からスタートした感じ。
あき 北国だったよね~ ほんとに。みんな、薄着してたもんで、焦ったよね(笑)!
ののこ うん、まず洋服買いに行かなきゃならないかと思った(笑)!
幸子 焦った。寒かった。それから、鶴岡市内や庄内には、春が来てる感じで。
あき そうそう、吹雪いてたのは、車で時間にして40分にも満たなかったかなあ。
幸子 うん。だから、すごく不思議だった。
あき 着いたらイメージしてたような、山形の世界がひろがってたよね。
ののこ うん。さっき幸子も行ってたけど、ほんと街並や風景に心奪われた。
幸子 湯の浜温泉の旅館『亀や』水平線。

yamagata1

あき 平野。
ののこ うん!庄内平野

yamagata2

幸子 古き良き町並み。
あき 日本海! 演歌の冬の海のような。渋くて私 好きだわ~。
幸子 大事なものがちゃんと残っている町に映った。
あき 素朴でね。
ののこ ほんとだね…古いものが、どっしりと時間を伝えてた。

yamagata3

幸子 古い建物も新しい建物もうまく共存している。あと、町の中の木の形がいいんだよね~
あき 木の形?
幸子 うん。お寺の中の桜。民家の椿。いろいろ。
そこにあるべきものがある感じ
ののこ そうか~。木の形まで見てなかったけど、確かに、元蚕場の建物にあった桜の木はどっしりしてたな~~。

yamagata4

あき お殿様の敷地内に散っていた、桜が印象に残ってるな~。
幸子 うん、美しかった。。
ののこ 綺麗だったね。緑の上に白い花びら。

yamagata5

あき どこか、遠くに来たような 過去にいるような 不思議な気分になった。
ののこ 桜の花びらのとなりには紫の花びらもあったの気づいた?
あき 気がつかなかった。
幸子 桜の花の色が白に近いくて。知らなかった。
何の花びらだったんだろう。
ののこ あ、紫の花びらがあったのはお寺の緑の上だ。お寺の名前なんだっけ!

yamagata6

あき 善宝寺
海の守護神龍神を祀るみたいだよ。
ののこ 朝に三人で行って、とっても良かったよね、空気。
幸子 うん。
しーんとしてた。
ののこ お坊さんたちの朝の仕事の前だったもんね。
あき 行って良かった~。一気に山形に馴染めた感じになった..
ののこ 龍神さまが祀られてたね。
幸子 うん。
あき 和尚さんが階段を上がって行くの見たとき、空に白い龍が舞ってるような気がしたんだ。
ののこ 空に白い龍か~~~。ほんとに龍神さまだね、、、。
あき そしたら、後から、裏にある池に二龍神が潜んでるって知ってびっくりした。
ののこ 後から知ったんだ!
幸子 お坊さんが廊下を歩く音が耳に入ってきて、お堂の中に吸い込まれそうになった。
ののこ うんうん、お坊さんたち、せかせかとちょっと急ぎ気味で、朝の支度をしてる音が、毎日毎日の営みなんだな~~って、何だか沁みた!

yamagata71

幸子 うん、そうだったね。
山形の魅力。
ののこ 何だかどこも水分たっぷりに感じた。水の恵み。
幸子 米・野菜魚介・・肉・酒すべてが地のもので賄える、自給自足のまち。いま時代が追い求めているものがある気がした。。
北国の強さを感じた。誰にも頼らない感じがよかった。