藤佳 表現てさ、しなきゃしないで済むじゃない?
あき そうだね。
藤佳 でも何故私たちは表現し、発信しようとするのか…?
ののこ まず、しないと苦しくなる。
藤佳 おお!
あき 存在するためかな。
ののこ あたしという存在が世界と関わって生きた、小さな意味。
藤佳 存在、世界、意味、難しいな~!
私は生きている理由とか、考えたこと無いな。
ののこ 起こることは事象に過ぎなくて、それをどう感じるかが、自分って意味。
舞子 表現は、自分が何者かを確認するプロセスだと思う。なんかね、あるきっかけで昨日、超貴重な写真をもらったの。マザーテレサの生写真!
藤佳 マザーテレサの生写真を、いったいどーいった経緯でもらうの?
舞子 それで、マザーテレサの格言を思い出したんだ…。
『愛は、一番身近なところから始まる。女性は、子供を産めるので、男性には無い母性が備わっている。母性は、神様からの最高のプレゼントです』って。
ののこ へ~~~!!そしたらプレゼントされるまでわからないかな!!
藤佳 本当だ、されるまでは絶対わからないんだろうなぁー。
舞子 で、なにが言いたいかって言うと、私たち女性は、子供がいようがいなかろうが、それ以前に母性という大きな愛を持っているって思うの。だからなんでも表現したらいいって!!
藤佳 感じるだけじゃなくてそれを表現しようとする姿勢がすごいと思う。
あき 母性本能。
あき 感じさせる人っているな~っと思って。
ののこ もっと自分を知りたいのかもね。
藤佳 そうか、表現すれば自分が見えてくるってことに繋がるってこと?
(って日本語おかしい?)
あき 私はたまに、数年前の自分の作品に癒されたり気づかされたりする事があります。
藤佳 へーー、素敵だね。
舞子 へーー、過去の自分から学べるって、いいことだね。
あき 作品を作ってる当初は、例えば苦しくって、でもとにかくメイクしてて、で、後になって一段落して、そこから何かが読み取れるというか。
ののこ 何かを作るときって、自分の深部に向き合うよね。でも、深部に向き合うには、それに伴った実践がないと。いつもその繰り返しかな?
あき 不思議な感覚。
ののこ あとからわかる。
藤佳 なるほどねー。
あき そう、後からわかる時がある。
その時は、必死なの。
ののこ それわかる。前に一緒にやったFIERCIVE(フィアシブ)の作品もそうだったよね?
(倫子が来れるかもって!)
あき うん。そうだね、とくにののこは苦しんだもんね。(おお、倫子)
ののこ うん、やってることが自分のキャパを超えてた。リアルタイムでは。でもやって良かった!
あき もっとあの時の事が、きっとリアルタイムで肉となって自分の一部になっていくと思うよ。経験と伴って。
舞子 (私、まだお会いしたこと、あったかな…?倫子さん)
ののこ ひとつひとつの新しい経験が、自分の肉になっていく。そのひとつひとつの経験こそが、表現かも。
藤佳 わ、私もうそろそろ出ないと帰れないや。
ごめんね、みなさん、続けてください!
あき らじゃ。
ののこ らじゃ。
舞子 わ!大変!おつかれっす!!!
藤佳 ではまた~☆
ののこ おつかれさま~~。
あき またね~。
ののこ 次はどんなの撮ろうかね~?
舞子 また撮影したいね。
ののこ うん、舞子の世界観でやってみてもいいかも!
ののこ 倫子きた!
舞子 ほう!なにも無いとこから考えるのって、難しいな!
ののこ 倫子わかる??
舞子 倫子さんこんばんわ☆
あき こんばんわ
倫子 わかる~、やった~やっとできたよ。
あき ウェルカム。
ののこ 今までこの前の撮影の話をしたりしてました。感動したねって。
倫子 遅くなってすいやせん。
ののこ そうだ!フクモリの中で撮影したい。
あき 厨房の中?
ののこ ううん、フロアかな?みんなの大事な場所で、食べ物のこととか思って。
舞子 いいね!それだったら、いつでも出来そう。
ののこ わくわく。
ところで倫子、今回のレタッチしててどうでしたか~?
舞子とはまだ話してないんだっけ?
倫子 ののこの結婚式の時にあいさつしたんだけど、覚えてないのでは?私は舞子ちゃんを写真で知ってたから、その程度です~。話してない。
ののこ そっか!現場には来てない倫子にはどんな印象だった?この写真。
舞子 じゃあ、改めまして…宜しく願いします!倫子さん。
倫子 こちらこそ~、よろしくお願いします!!
レタッチは楽しかったよ~。特にビューティーのレタッチは好きだから、やりがいあったし。
あき 倫子はすぐに、ビューティーのちょっとした色合いとか、私の感覚的な事を理解してくれて、良かったよ☆ありがとう。
ののこ どこをレタッチしたかは内緒だけど…完成度が高まる!ありがと~。
倫子 おお~、うれしいお言葉。特に女性を綺麗にする事がやりがいだよね~。
あき まさにany-!
ののこ この写真はコマーシャルフォトって雑誌にも載るのだけど、その最終チョイスをしたのは倫子です。
倫子 責任感じるな~。
ののこ 私とあきさんと藤佳とで、決めきれなかったのを、倫子がズバッッと一瞬で決めた。
あき 倫子の第三者の意見はシャープだったよね。
倫子 でも、どっちもすごい良かったよ。レタッチもどこ直したか分かんないって言われるのが、うれしいし。
ののこ でも、やっぱりあれが良かったよ!
素晴らしくナイスチョイス!
倫子 そうだね あらためて聞かれても、やっぱりあれ選びます!!
ののこ 倫子が来たばっかりだけど、そろそろ今夜はおしまいにしますか~。
倫子 みなさん遅くなってごめんなさい!次回はちゃんと入れると思いま~す!
ののこ は~~い!
舞子 とにかくみんなの力がバランスよく交わっていいものが出来て、本当によかったね。この作品にすこしでも携われたことに感謝し、うれしく思います!!
あき 感動をサンキュー☆ みなさん、おやすみなさい。
ののこ 寒い中、青空の下、一瞬をみんなで共にしたね。ありがとう~。
倫子 私も参加できて良かった!!ありがとう おやすみなさ~い
ののこ おやすみ~~。