亜友美 お待たせしてすいません(1)
ののこ おつかれさん!
亜友美 おつかれさま。
あき おつかれ~。
亜友美 ありがとう。
ののこ じゃあ、カフェについて話そうか!
さちこ うん。
ののこ あーたんの話にするべか?
藤佳 あーたんはスーパーレーサーをひとりで仕切ってるんでしょ?
亜友美 ちがうよー、、、
ののこ フロアはほぼ一人っしょ。
藤佳 あれ?ホールひとりじゃないの?ドリンクも作ってるの?
亜友美 平日の夜はね。ホールは一人よ。
藤佳 すごいじゃん!
亜友美 ドリンクも作ります。
ののこ さばきっぷりがすごいもん
藤佳 すんごいーじゃん!あの広さ(2)でひとりって有り得ないように思うんだけど。
亜友美 すごい事ないって。
藤佳 何が一番大変?オーダー覚えるのとか?
亜友美 オーダーは書くから大丈夫。
藤佳 あとは、私たちもフクモリに立つつもりなんだけど…
あき ウェイトレスで?
藤佳 そうよ~~。やるでしょあきさん!接客やら何やらで何を気をつけたらいい?
あき 制服は?
ののこ いらっしゃいませ!!(練習)
藤佳 制服は…決まってないな。
あーたん、新人が入ったと思って私たちにもご指導をば!!
亜友美 接客ってより、私の場合は人と人との関わりだと思ってるから、
藤佳 おー、それって濱ちゃんも言ってたような…。
亜友美 みんないつもの感じで大丈夫な気がする!
藤佳 え…。
ののこ い、、いいいいらっしゃいませえええ。
亜友美 笑顔とかステキだし。
ののこ ニコ☆
藤佳 それがさ~、初対面の人には私なかなか出来ないよ、自然な笑顔。
あき 緊張しそ~。
ののこ 何かおもろいこと考えちゃえば?
亜友美 私は無理にしない。
あき かっけ~!
ののこ あーたんはそういうキャラだからいいよ!
藤佳 やっぱりメニューとかもちゃんと説明できるように理解してるのよね?
亜友美 それはするよー。
でも、嘘くさい笑顔作るくらいなら、無理に笑顔を作る必要はないかなと。
藤佳 ある程度料理わかってないと出来ないよね。
亜友美 そんな事もないと思うよ。自分が食べて感じた事を伝えてる。私は。
藤佳 なるほどね!
さちこ 昨日、念願のスーパーレーサー行けて、あーたんの働く姿、素敵だった!
亜友美 ありがとー。
ののこ ほんと素敵だよね、唯一無二の存在感よ。
あき 私も行かなきゃ~。
藤佳 うん、素敵だと思って色々伝授してもらいたかったんだけど、やっぱ個性を大事にしろ、っつうことなのでしょか?
マニュアル化は出来ないね。
ののこ そうだね。
藤佳 新人指導みたいなのもしないの?あーたん?
亜友美 多分ウソくさ笑顔はバレちゃう!
指導なんて偉そうなことはできないけど…するよ。
藤佳 どんなふうに?
ののこ ひゅーひゅー。教えて~。
亜友美 てか、オーダーの取り方とか、ドリンクの作り方とか位だよ。
藤佳 教えるのは基本的な作業だけってコトなのね?
あとは自分で習得しろ!と。
亜友美 んーそうね。あと、お客さんに出来るだけ紹介する。
藤佳 あ、そうか、常連さんが多いってこと?
亜友美 うちはそうなんです。
藤佳 いい店という証拠だね~。理想的だよね、お店として。
亜友美 う。お客さんに育ててもらってます。
あき みんなほぼバイカー?
亜友美 バイカー多いよー。うちに来てバイク乗りになったって人もたまにいるの。
ののこ そうか、フクモリもお客さんに育ててもらう、くらいの気持ちでやればいいのね。
藤佳 そうね。流行りのカフェみたいなのより、常連さんが多いお店のほうがいいな~。老若男女問わず。その場の空気があったかいようなお店になるといいな。
あき そこに来て、ほっと出来るような、また来たくなるような空間。
藤佳 うん!
ののこ うんうん。
亜友美 ただいまーって言ってくれる人もいるよ。
藤佳 それ目指そう!
ののこ、“おかえり~”の練習だね!
ののこ あたしもただいまーーーって言おう。
藤佳 そっちかい。
ののこ っは!すみません!!
おかえりんご!!
藤佳 はい。ののこはそれが一番です。
あき こんにちわわ。
藤佳 先が、
ののこ ただいマンゴー!
藤佳 思いやられますが…
あき なぬ~!
藤佳 あーたん、
ののこ こんばんわいん☆
藤佳 たまにはフクモリにヘルプ、頼みます。
亜友美 もちろん!
藤佳 じゃ、安心☆
あき よろしくお願いしまっす!
藤佳 しまっす!
ののこ まっす!
  1. お待たせしてすいません :   仕事後から途中参加 []
  2. 広さ :   約50席 []